​札幌市東区北35条東5丁目1-7 エバーハイム102号

Tel: 011-741-0606 

fax  011-375-7007

Email: poporo-vg@ymail.plala.or.jp

​事業内容

就労継続支援A型 あぐりぱーく

生活介護事業所 愛歩路 (あぽろ)

就労継続事業所B型・就労移行事業所 工房 はまなす

相談支援事業所 歩笑夢 (ぽえむ)

重度心身障害者共同住宅 さっちゃん

重度心身障害者共同住宅 てっちゃん

児童福祉サービス Coco~ (ここから)

児童福祉サービス Ii~ (いいから)

児童福祉サービス まるちゃん

ヘルパーステーッション 楽顔

​就労移行事業所

就労継続事業所(B型)

工房 はまなす
℡ 011-723-2515 
fax011-723-2515
9:00~17:00
私たちは、身体にハンデのある方たちでも、出来る仕事として、手織り・手染め・手芸を通して活動させていただいております。
 染めは、藍・生藍・玉ねぎ染めを中心に、シックな中にも味のある作品に仕上げています。 
​ コースター・ランチョンマット・ストールは『札幌スタイル』認証商品となっております。

札幌スタイルの目的

札幌のまちのブランド力を活かし、さまざまな企業や人材が連携してビジネスを産み出していく、ネットワーク型の産業を育てます。

札幌スタイルの目指す姿

札幌の暮らしの魅力を商品化するユニークで創造性の高い企業群が活躍し、札幌市民のみならず、国内外から支持されている状態を目指します。
 

札幌スタイルのコンセプト

「札幌スタイル」は、自然と都市が共生する、次の時代の生活像を追求する活動です。
質の高い生活を実現するために優れたものを探し出しつくり出し、デザイン・開発から生産、流通、そして生活形成へとつながります。

 

​織りや染め体験(要予約相談)
藍染め(あいぞめ)
工房はまなすが藍染めを始めたのは、昭和63年の開設当初からでした。​
 藍は明治時代、札幌市北区で大規模に栽培されていた歴史があるため、札幌の藍染めの文化を復興させよという思いが込められています。
 現在使用している藍は、明治初期から藍を栽培している伊達町産。葉を発酵・乾燥をさせた「すくも」を用い、水と日本酒などと,石灰などと合わせて漬け込んで染色しています。
 素材や染め方によって、仕上がりの色が異なりますので、お気に入りの一枚を見つけてください。
 藍には、紫外線カットや消臭、解毒効果があり、あせもやかぶれ、皮膚病にもいいとされています。(個人差はあります)
​ ストールを通して、藍の持つ魅力に触れてみてください。

​伊達市から

仕入れた「すくも」

藍だてした状態

染め

洗い

玉ねぎ染め
タマネギの皮の煮汁で染め上げる玉ねぎ染めは、使う素材によって発色が変化します。
 麻やシルク、綿などの生地を丁寧に染め上げました。
​ 草木染ならではの優しい風合いで、一枚一枚、微妙に色が異なるのが魅力。ムラ染めやグラデーションなど、染め方にも工夫を凝らしています。

鉄媒染(てつばいせん)

​玉ねぎの皮で染められたのち鉄媒染にて色の違いを出していきます。落ち着きのある作品に仕上がりましあた。

銅媒染​(どうばいせん)

 

玉ねぎの皮で染められたのち銅媒染にて色の違いを出しています。

媒染(ばいせん)

使う薬品によって、同じ植物から抽出した染料でも違った色に染めることができる。

​ 草木染めの大きな特徴であり、魅力でもあります。

〒007-0835
札幌市東区北35条東1丁目6-2
℡011-723-2515 fax011-723-2515
Email  hamanasu@silver.ocn.ne.jp
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now